ぽよぽよぽよ

ヒモになりたい

自分の好きなジャンプ打ち切り漫画について

この記事は週刊少年ジャンプ打ち切り漫画 Advent Calendar 2015の一日目として書かれている。
参加者絶賛募集中。

初日はとりあえず自分の好きな打ち切り漫画についてダラダラと書いていく。
とは言っても、自分がジャンプを買いだしたのはつい2、3年前からでそこまで打ち切り漫画について詳しいわけではないので許して(チャゲチャとか斬を読んだことがない)

LIGHT WING

地球から翼が生えるタイプのサッカー漫画。

打ち切り漫画にハマったきっかけ。プログラミングの大会のときに、@public_sate氏に借りた。何しに大阪まで行ったんだ。

一般人類には理解不能な展開と謎の勢いが非常に良かった。
セリフも良い。「あ、迷惑Deathぅー 蘇られても 死臭がヒドイ!!ゾンビかっての」とかサッカーマンガのセリフではないと思う。

1話の試し読みができるので、読んでない人はぜひ読んで欲しい。1話から、カオスな展開が繰り広げられている。

全体の雰囲気を掴みたかったらアンサイクロペディアを見るといいかもしれない

改造人間ロギイ

オサレバトル漫画。

個人的にすごく好きだったけど、今ひとつ人気が出ないまま終わってしまった。悲しい。
バトルのオサレ感とか独特のテンポ感が非常に良かった。

スモーキーBB

最後に謎の外国人選手が登場して終わるタイプの野球漫画。

もう…ね……

スポーティングソルト

最高!!最高!!読者の予想を裏切りまくる展開力がもう最高!!

スポーツ医学漫画。ただ途中からスポーツ医学要素が消滅して、読者の読解力を求められ、鍛えられる漫画になった。

毎週夢中になって読んでた。ここまで来週のジャンプが待ち遠しいと思わせてくれるアツい漫画も早々無いと思う。

まだまだ好きな打ち切り漫画はあるのだが、電動アクチュエータの単位が打ち切られそうなのでここまでにしておく。
気が向いたら続きを書くかもしれないし、紹介した漫画の魅力が伝えられてないと思うので掘り下げて書くかもしれない。